いま自分たちのアイデンティティを振り返ると、伝統音楽に接しないで音楽を続けていくことは 、かえって難しいことに突き当たるような気がするのです。ヨーロッパ系の音楽やアフリカ由来の音楽をするうえでも、自分たちのオリジナリティというものをどこに求めるかといえば、そこに活路を見出さないわけにはいかないのです。
(FANCLUB通信ガナクラブvol.10 「特集 打ち交わす」より抜粋 文章:金子根古)

 
「打ち交わす」(PDF)

出演/GONNA・仙堂新太郎・松尾慧・山内利一(風流打楽 祭衆)
企画/金子根古
音楽監督/小林潤子
演奏予定/
 LAMENTO E DANZA BARBARA  曲 N.J.シフコビッチ
 TRIO PER UNO 曲 N.J.シフコビッチ
 くじら 曲 山内利一 ほか



 
名古屋市熱田文化小劇場

[自由席]3,000円(当日3,500円)  [指定席]3,500円(当日4,000円)

@ 6/24(土) [開場]18:30 [開演]19:00
A 6/25(日) [開場]13:00 [開演]13:30
B 6/25(日) [開場]17:00 [開演]17:30